自転車と香辛料

岡山出張中のカレー好き自転車乗りの日記

けいはんなサイクルロード C2

けいはんなサイクルロード C2クラス


2.35㎞×8周
ロードレースと謳いながらも、ほぼ平坦基調でクリテ風味なコース。

HSは緩く下り続け、BSは緩く登り続けて最後にちょっとだけキュッと登るコース。
イメージは市原のINCなようなそうでないような。

前のクラスのレース終わって割と早めに並びに行ったつもりだったが、既に結構並んでいてほぼ最後尾。しかし、コースのS/G自体が広いのでパレードラン?スタート時には真ん中二列目あたり。


結構間隔も空いているし、ペースも遅いので半周ほどでスルスルと前まで。
急坂は自分の楽なペースのダンシングで登ると前にも出られる丁度いい感じのペース。

登りきったところで先頭交代要求されたので前にでて、そのままHSを下り始める。
軽く脚回しながら下っていると集団から飛び出してしまったので、そのままトルクは殆どかけず脚回しながら下っていく。それでも集団が追いついてこないのでエアロポジションだけとって、インスタ映え()を狙う。誰か写真撮ってないかな。

 

脚をゆるゆるにして集団が来るのを待つもなかなか追いついて来ず、BSの急坂手前あたりでやっと吸収して貰えた。

ちなみにHSもBSも出力220W程度。

BSで若干縦に伸びて、HSで詰まる。
HSはちびデブ特性のおかげで大して脚を使わずに前に出られるので、危機回避目的でHS前上がって第1コーナーを毎周回2、3番手あたりでクリアしていく。

 

マークしている選手の動きだけはチェックして、後は全部放っておく。
というよりも集団から飛び出た選手は皆、狙って飛び出したような感じには見えず、なんか前でたら飛び出ちゃった。みたいな感じ。(自分もそれが多かった

 

飛び出た選手よりも、集団の前方に辛そうにしている選手が何人かいるように思えた。

割と余裕があったので、ほかの選手の観察をしてみる。シューズのグレードを見てみろと言われたことがあるので見てみる。

 

見てみた

ディアドラ。。。。

わかんね。

 

Sidi

やっぱりわかんね。


自分の調べたことないメーカーのシューズのグレードとかわかんねえわ!!
と内心思いながらレースは進んでいく。

 

残り3周回
途中から、マークしていた選手が視界にいないので、後ろで待機していてそろそろ来るかなー?
と思っていたら、急坂の手前でやっぱりキタ!!
これは逃しちゃあかんやつ。

だけどこのレースペースだからか、皆余裕はあるみたいで集団が縦に伸びるだけで決まらず。

 

そしてやっぱりHSで前にでるちびデ(ry。
S/G地点手前に雑賀さんいたので残り2周なのを確認。
→周りに私余裕あるで、アタックするで アピール

そしてBS入ったところでも、先頭から下がりながら
周りの人に「後2周だよね!?」と確認。
→まだまだ余裕やぞ、アタックしちゃうぞ逃げちゃうぞ アピール


一度ポジション下げてから急坂で下ハン持ってアタック。


なんか色々ミスって全然キレがないアタックになってしまった。。。。(あほ


集団と全然差をつけられなかったけど、迷うくらいならやってみよう
ってことで強行。

どうせHSで集団が協調してきれいにローテなんて無理そうだし、誰かの脚は削れるだろう精神。

 

HSで後ろみたらRaphaジャージの人が1人で牽いて差を詰めてくる。畜生


このままでは無理だと諦めて、BS途中から脚を緩めて集団に戻って少し休んでスプリント備える作戦に変更、するもなかなか追いついて来ない。(はい判断ミス)

 

緩い登りで向かい風なもんだから集団のペースが落ちていたようだ。
逃げたいならここが一番の頑張りどころだった(と後から思う)


集団に吸収されてからも上手く休めず、というよりも位置取りが始まる?最終周で休めるはずなんてなかった。(と後から気付く
下手に集団に戻ろうとポジション下げても、その後スプリントまでに前に上がれなそうだししょうがなく先頭で集団を牽くしかなくて急坂まで牽く。
若干ペース上がっているのと、それなりに踏んだ後なのでダメージがががが

ここでペース上がるのなんて分かっていたけど脚が無くて反応出来ず。ペースアップに着いていけず勝ちが狙えないことを悟る。


そして
落車した。

タイヤはパンクして外れているし、脚痛くて走れそうにないのでDNF

 

接触して接触してパンクして落車したらしい。

左側に落車したはずなのに、ホイール右側が傷ついていてタイヤのパンクも右側に擦った跡があるので恐らくそういう感じかと。

頭打って記憶がないというか、何が起こったのかよくわからず落車したので記憶がない。
自分がふらついたのか、斜行されたのか判断つかない。しかし、坂で自分からかけていく脚が残っていれば落車にはならなかっただろうから、マネジメント?脚力?不足なのは間違いない。

今回の落車は避けられたものだった。

f:id:bike_curry:20170911203726j:plain


レース後はC1観戦。
きっちり前で走っているエースは流石っす。
マトリックス吉田選手、VC福岡きりPさん、バルバ寺崎さんに混じって走る先頭集団の強度ってどんなもんなのか想像したくもない。
けどいずれはそこで走れるようになりたい(目標は高く)
最後もきっちり残って6位入賞してました。